最近のトラックバック

« 寒の入り | トップページ | スキー伝来100年とは »

2011年1月 8日 (土)

今週の見通し・1.11

まだ上昇するが今来週中に天井形成?先週号で25日線にあと8円に迫り調整入りかさらに上昇するか微妙だが25日線を1時割り込んでも1月上旬~中旬まで下落相場入りはないだろう。と申し上げてきたがやはり予告通り新年明けは大発会から下げたのは1日-17円だけ4日間で+311円とNY株式の6日間で+104$を上回っている。昨年の動きと同じ動きと思っている。それはNY株は2009年11月に底を打った相場は2010年1月19日に10729$で天井を打ち2月5日に9835$と-894$(-8.33%)下落、この間日経は2009年11月27日9076円で底打ち10年1月15日10982円で天井打ち+1906円(+21.0%)上昇、2月9日9867円まで下落下げ幅はー1115円(-10.15%)と節分直後に底を打っている。昨年は昨年、判らないが私はそんな気がしてならない。昨年からの外人動向をみると(昨年5月から日経下落)5月から海外勢は8月まで4ヵ月で14452億円売り越し、日経が9月11日の8796円から反転ここ10500円台回復まで海外勢は9月から12月まで4ヵ月間で15410億円買い越している。即ち日経の上げ下げはとりもなおさず外人が日本株を買うか売るかで決まっているのである。しかもやや4ヵ月がサイクルなのである。今月に入って1月第1週は多少買い越しペースが続いているが1~3月は欧州の財政問題は国債償還を迎え財政不安が再燃する可能性が大きいと読んでいる。冒頭に記載の通り今来週が転機かもしれない。もう1つ付け加えればテクニカル指標だが週末の騰落レシオは149.27%とやや過熱、海外のヘッジファンドは信用売り残高の多い銘柄に踏み上げ(損出覚悟で買い戻す)を促す仕掛け買いが横行し日経先物にもこの傾向がありどこかで近い内に25日線を大きく上放れカイリ足が出現すれば目先典型的な天井を形成するかもしれない。典型的罫線のひとつにエリオット波動があるがこれでも第5波であり(6波はない)そろそろ要注意!政界も17日に内閣改造?小沢起訴も近い?14:09 マー坊

« 寒の入り | トップページ | スキー伝来100年とは »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今週の見通し・1.11:

« 寒の入り | トップページ | スキー伝来100年とは »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ